法人のお客様Company

受け付けの流れFlow

  • step01

    お問い合わせ

    LINE、お電話にてお問い合わせください。

  • step02

    ヒアリング・現地確認

    廃棄物の種類や性状、又、引き取り場所によって金額が異なる為、ヒアリング・現地確認を行います。

  • step03

    ご提案

    お客様のご要望に合わせて、又、最適なリサイクル方法をご提案させて頂きます。

  • step04

    ご契約

    産業廃棄物は、法律で契約書を締結することが定められています。法律に則った契約書を作成のうえ、契約締結を行います。

  • step05

    引き取り

    契約を締結後に日程等を調整させていただき、お引き取りにお伺いします。

  • step06

    リサイクル

    石坂グループで中間処理を行い、品物ごとにリサイクルを行います。

産業廃棄物処理Industrial waste treatment

処分に関する許可品目等
事業の区分 産業廃棄物の種類
中間処理 切断
  • 廃プラスチック類
  • 木くず
  • 金属くず
圧縮
  • 廃プラスチック類
  • 金属くず
  • 紙くず
  • 繊維くず
剥離
  • 廃プラスチック類
  • 金属くず
切断・分離
  • 廃プラスチック類
  • 金属くず
選別・解体
  • 廃油
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
選別
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
  • がれき類
破砕
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
  • がれき類(これらのうち、廃蛍光管に関わる物を含む)
破砕・選別
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
  • がれき類
破砕・分級
  • ガラスくず及び陶磁器くず
破砕・減溶
  • 廃プラスチック類(発泡スチロールに限る)
破砕(移動式)・選別
  • 木くず
選別・破砕・洗浄
  • 廃プラスチック類(廃ペットボトルに限る)
  • ガラスくず及び陶磁器くず(廃飲料容器に限る)
破砕
  • 紙くず
選別・圧縮・梱包
  • 廃プラスチック類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず及び陶磁器くず
選別・圧縮・梱包
  • 廃プラスチック類
  • 金属くず(使用済みスプレー缶、ガス管及びライターに限る)
  • 保管容量:8,259.8m3
  • 優良認定取得
  • 優良産廃処理業者認定制度とは、通常の許可基準よりも厳しい基準に適合した優良な産廃処理業者を認定する制度です。
収集運搬に関する許可品目
取り扱う産業廃棄物の種類
  • 紙くず
  • 木くず
  • 繊維くず
  • 動植物性残さ
  • ゴムくず
  • 金属くず
  • ガラスくず
  • コンクリートくず及び陶磁器くず
  • 鉱さい
  • がれき類
  • ばいじん
  • 燃え殻
  • 汚泥
  • 廃油
  • 廃プラスチック類
  • 政令第2条第13号に規定する廃棄物(以上14品目については石綿含有産業廃棄物であるものを含む。)
  • 動植のふん尿
  • 棒物の死体
  • 廃酸
  • 廃アルカリ(これらのうち自動車等破砕物であるものを含み、特別管理産業廃棄物であるものを除く。)
  • 自動車等破砕物を含み、特別管理産業廃棄物であるものを除き、「石綿含有産業廃棄物」「水銀使用製品産業廃棄物」「水銀含有ばいじん等」欄の「○」印があるものについての取り扱いを含む。

事業系一般廃棄物処理Business waste processing

事業系一般廃棄物の種類
  • 紙類
  • 木製の机・椅子・タンス・棚・剪定枝・落ち葉等
  • 天然繊維(毛布・木綿布・絹・絨毯)
  • 本畳
  • 作業服(綿・絹など)
  • 厨芥ごみ・残飯・茶葉等・食料品の売れ残り・魚のあら等
  • 天然皮革(かばん・ブーツ・コート)・革製の敷物

LINEで廃棄物処理の
お問い合わせ

PC、スマホから写真を撮って、送って、簡単操作!
LINEでかんたん!廃棄物処理のお問い合わせ。

詳しく見る

工場見学について

より多くの方に石坂グループやリサイクル事業・廃棄物処理事業にご興味を持っていただきたいとの想いから、広報活動の一環として工場見学の実施やバーチャル工場見学を展開しています。