ご挨拶Greeting

企業の社会的責任と
企業価値の創造

有価物回収協業組合石坂グループ
代表理事
石坂 孝光

21世紀に入り、温暖化問題に代表される地球規模の問題から、地域社会における「生活系や産業系」の廃棄物処理問題まで問題の格差はあるもののその対応策としての基本理念は大差ないものと思われます。

環境の時代が叫ばれ始めて十数年が経過する中、「廃棄物処理法」等の関係法令の抑制(Reduce)再使用(Reuse)再利用(Recycle)の「3R」の推進をテーマに循環型社会の構築を早期実現する「環境社会」へと変革してまいりました。

石坂グループにおいては、この時代の変革に乗り遅れることなく常に新しい情報と技術を取り入れ、地域社会と密着して廃棄物の再資源化と適正処理に取り組んでまいりました。

現在、石坂グループでは「CSR(企業の社会的責任)」を第一に考え、企業価値の創造とリスクマネジメントの構築に職員一丸となって積極的に取り組んでおり、ステークスホルダー(地域住民、行政機関、排出事業者)の皆様に「信頼と安心」を約束できる企業へと努力邁進しております。

産業廃棄物収集・運搬業及び処分業の両分野で「遵法性」、「情報公開性」、「環境保全への取り組み」が認められ、県内企業では第一号となる「優良事業所」の認定を熊本市より取得し、また環境省が推進する「電子マニフェスト制度」にもいち早く取り組み、情報化社会に対応するシステムの構築を図っております。

これからも石坂グループは、グローバルな視野で環境問題を捉え、地域社会の環境保全への貢献をお約束するとともに、最新鋭のリサイクル設備とこれまでの実績や知識、技術を活かし、業界のトップリーダーとしていっそうの企業努力を重ね、地域社会の皆様方一人ひとりが、かつての高度経済成長、経済至上主義や核家族化の中に埋もれ、心の中から忘れ去られ風化しつつあった「道徳」「倫理」「相互扶助」などの周囲への気配りややさしさなどの精神を再び思い出し、美しい郷土とかけがえのない自然環境を次の世代に受け渡せる様に「コンプライアンスの強化」と「地球環境への配慮」、「ボランティア活動支援などの社会貢献」等を通して郷土と子供たちの未来のために邁進してまいります。

LINEで廃棄物処理の
お問い合わせ

PC、スマホから写真を撮って、送って、簡単操作!
LINEでかんたん!廃棄物処理のお問い合わせ。

詳しく見る

工場見学について

より多くの方に石坂グループやリサイクル事業・廃棄物処理事業にご興味を持っていただきたいとの想いから、広報活動の一環として工場見学の実施やバーチャル工場見学を展開しています。